スキンケアのポイント

スキンケアのポイント

スキンケアのポイント

では、朝晩のスキンケアのポイントを押さえていきましょう。

 

洗顔

寝ている間に分泌した皮脂や、皮脂と混じったほこり、前日ケアした時の保湿剤などを落とすことが目的です。皮脂も保湿剤も油分が含まれているので、水やぬるま湯ですすいだだけではキレイに落とせません。洗顔料できちんと落としましょう。
皮脂の出ていないところは軽く洗いましょう。

 

水分補給(化粧水)

洗顔したての肌は、とても乾燥しやすくなっています。時間が経てば経つほど、化粧水の肌への浸透率が下がるので、洗顔後なるべく早くつけましょう。特に冬場など、乾燥しやすい時期は要注意です。

 

 

保湿(美容液)

化粧水で補った水分を保つために、美容液でふたをします。美容液には「保湿成分」の他にも「美白成分」などが配合されたものがあります。肌への浸透率を上げるためにも、化粧水で水分補給をしてから行いましょう。

 

特に冬場、またはエアコンがよく効いたところにいる場合は乾燥しやすいので、少し多めにつけると良いでしょう。その他の季節でも、乾燥しやすい場所では、少し多めにつけましょう。

 

スキンケアのポイント





クレンジング

メイクやUVクリームなど、一日の肌の汚れをクレンジング剤を使って、キレイに洗い落としましょう。

 

 

洗顔

クレンジング剤の洗い残しや、古い角質など、クレンジングで落としきれなかった汚れを落としていきます。たとえノーメイクだったとしても、日中分泌した皮脂や、皮脂や保湿剤と混ざったほこりなどで顔は汚れています。

 

そのままにしておくと、毛穴がつまったり、肌トラブルの原因になりますので、必ず洗顔料で洗い落としましょう。

 

 

水分補給(化粧水)

朝と同様、洗顔後はとても乾燥しやすいので、なるべく早く水分補給を行いましょう。

 

保湿(美容液)

夜の10時から夜中の2時にかけて、成長ホルモンが分泌されます。
それに合わせて肌のターンオーバー(新陳代謝)が最も活発になると言われています。

 

ターンオーバーを正常に行うためにも、清潔な肌に、たっぷりの水分が必要になるのです。ですから、水分を補給したらすぐに美容液で保湿する必要があります。カサつく部分があれば、乳液やクリームをつけましょう。

 

ただし、油分を塗りすぎると、油分から皮脂を出し、それが酸化して過酸化皮脂となり、ニキビやしみ、しわ、たるみなど、肌トラブルの原因になることがあるので、十分注意しましょう。